« マクロス原画展その1 | トップページ | 庵野秀明特撮博物館その1 »

2012年12月21日 (金)

マクロス原画展その2

マクロスと言えば、ガンダムには及ばずとも、各世代に愛される歴代の作品を生みだしたシリーズ。

所謂ロボットアニメに分類される作品は数あれど、マクロスが他の作品と一線を画す存在となった要因は、なんと言っても『アイドル』の存在です。

時代によって流行り廃りがあるように、各マクロス作品にも時代を反映したアイドルが存在し、歌うのです。

命をかけた戦闘とアイドルのパフォーマンスという、一見ミスマッチと思えるコラボレーションが唯一無二のシチュエーションとして、マクロスの専売特許のようになりました。

120805

そんなわけで、原画展ではメカニックデザインから、アイドルのキャラクターまで、各マクロスの原画が並びます。

ただ、初代のマクロスと最新作のマクロスF(フロンティア)の原画が中心で、私の一番オススメなマクロスプラスはちょぴっとしか無かった…。

いや、シェリルもランカも可愛かったですけどね。
でもフロンティアは歌が無きゃ始まらない感じ。
なんと言っても、菅野よう子さんの楽曲が圧倒的にすばらしいのです。

写真は、唯一購入したラバーコースター。
シェリルとランカですね。

パンフ売ってましたが、価格と重さを考えてくじけました。
パンフってあんまし読み返さないよねdespair

|

« マクロス原画展その1 | トップページ | 庵野秀明特撮博物館その1 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

展覧会もろもろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1805277/48396682

この記事へのトラックバック一覧です: マクロス原画展その2:

« マクロス原画展その1 | トップページ | 庵野秀明特撮博物館その1 »