« ささやかな昼食会+スヌーピーグッズ | トップページ | 私はとても悲しい »

2014年1月20日 (月)

2014年冬アニメ初回感想その3+軽く総評

◆マケン姫っ!通
終始、おっぱいぼいんぼいんな娘さん達が、胸元をゆっさゆっさ揺らしているお話。。
・・・以外、何も覚えてない。おっぱい酔いしちゃったよshock

女性向きではないですね。私はもうお腹いっぱい、胸いっぱいです。。

◆ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル~
魔術を使える体質の人種と、そうでない人種が共存する世界。
架空の世界観ではありますが、出てくる風景は日常の東京です。

魔術が原因で起訴された被疑者を弁護する特殊なお仕事「弁魔士」になったばかりの女の子が主人公。

面白い画作りをしているし、丁寧な作り込みで、結構期待大な作品ですね。

◆ノブナガ・ザ・フール
こちらはまた、変わった世界観。
二つの星が、それぞれ「中世ヨーロッパ調」「日本の戦国時代調」で東西に分かれており、普通に歴史に登場する方々の名前が色々出てくるし、関係性もそのままぽい。

でも、星間の行き来が出来るばかりでなく、ロボットも登場するし、歴史も過去と現代でそれぞれが微妙に交わって、初回だけだとさっぱり分かりませんでした。

◆ニセコイ
かたぎでない家業のせいで、親同士で勝手に決められたお付き合いを強制されるというラブコメもの。

単にその2人でツンデレを展開するのかと思いきや、男には昔から再会を約束した女の子が居て・・・と三角関係になるもよう。

結局、男子向けな展開?

◆魔法戦争
ある日突然、魔法を使える人間が現れて、自分も魔法使いに体質を変えられてしまい、パラレルワールドで生活する事になってしまうお話sign02

さらっと書くとなんだか楽しげな感じですけど、かなり暗めな設定ぽいです。
バックボーンが不明で、お話はこれからって感じですね。

◆桜Trick
女の子同士の恋愛ものsign02
女子高校生だからいくらか微笑ましさもありますが、もうちょっと年齢層あがったら、単なるエロアニメになりそうですよshock

「メガネブ」の時も思ったけど、メインのお友達認定したメンバー以外は有象無象の扱いで、彩色もしてもらえないって・・・世界が狭いぞ、君達。

◆Z/X IGNITION
初回を観損ねまして、第2話の感想を。
カードゲームが元になってる作品みたいですね。

使役するカードを枚数分持つのではなく、カードフォルダーにデータを取り込む仕様のようです。
現代チックですねcoldsweats02

一応、前回の解説?的なものがちょこっとあったけど、世界観がよくわからなかった。。
私の中では、かわいい女の子がわらわら出てくる系に分類coldsweats01

◆いなり、こんこん、恋いろは。
神社のそばで育った女の子が、ある日お稲荷様に願いをかなえてもらって・・・というお話。

ちょっとどんくさいけど、誰からも好かれる女の子が、恋心をかかえて右往左往というところでしょうか。
とってもかわいい感じのお話です。

見守ってくれるお稲荷様他、神様が多数出てきそうな感じ?

◆スペース☆ダンディ
初回を観損ねまして、2回目を視聴。
ちょい出の声優さんが重鎮ぞろいでビックリしたcoldsweats02

大好きな宇宙物ですね。
宇宙人の雰囲気は、スターウォーズって感じ。

賞金稼ぎの話なのかな?
珍しい宇宙人を探してるみたいで、「カウボーイ・ビバップ」みたいなハードボイルド寄りな感じじゃありません。むしろお笑い的な。。

主題歌が岡村靖幸だったり、エンディング曲に菅野よう子さんが関わってたり、ちょっと音楽に反応しちゃいました。

さて、いくつか見損ねたものもありそうですが、ほぼ2014年冬アニメの初回を観賞しましたので、独断と偏見で順位付け。

あくまで初回(もしくは2回目)を観ての、個人的な順位ですので、あしからず。

1.鬼灯の冷徹
2.ノラガミ
3.バディコンプレックス
4.いなり、こんこん、恋いろは。
5.ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル~

6.スペース☆ダンディ
7.ニセコイ
8.ノブナガ・ザ・フール
9.ウィッチクラフトワークス
10.魔法戦争
11.Z/X IGNITION
12.ノブナガン
13.未確認で進行形
14.のうりん
15.桜Trick
16.マケン姫っ!通

基本的に、作画が納得いく出来でないと上位には入れてません。
細かい評価を入れようかと思いましたが、面倒くさくなって途中でやめたcoldsweats01

主題歌が一番カッコイイなと思ったのは、「ノラガミ」でした。
オープニングもエンディングも、かなり好きです。

魔法や特殊能力系、学園もの系はあいかわらず多いですね。
そして、比例するように女の子ぶりぶり系も多い気が。。。

逆に腐女子向けな、耽美男子系は無いですね。
強いて挙げるなら、「バディ・コンプレックス」「ノブナガ・ザ・フール」あたりか。
そういや、奇跡の「ノブナガ」かぶりは、何故??

あとは、珍しく宇宙もの系があって嬉しいです。
意表をつく地獄もの系(?)は、背景とか何も考えず楽しく観れて良いですね。

|

« ささやかな昼食会+スヌーピーグッズ | トップページ | 私はとても悲しい »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1805277/54651290

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年冬アニメ初回感想その3+軽く総評:

« ささやかな昼食会+スヌーピーグッズ | トップページ | 私はとても悲しい »