« 2015夏アニメ初回感想その1 | トップページ | 2015夏アニメ初回感想その2+血界戦線 »

2015年7月18日 (土)

これからは映画鑑賞増えるかな

世の中3連休ですね。
この7月から、仕事がシフト制になりまして、私は真ん中の日曜が出勤なのですが、その分平日にお休みが入るようになったので、17日(金)は映画を2本観てきました。

Dsc_0279

もともと、海街diaryを観たいと思っていたんですが、地元のシネコンは金曜日会員価格が1000円なので、ハシゴで観ようと決めて、ターミネーターの新作も。

あまり期待せずに観たこともありまして、ターミネーターは凄く面白かったです。

前作が、ドンパチ(小規模)、ドンパチ(小規模)、救われないオチって話で、まったく面白くなかったのですが、今回はちゃんと伏線を散りばめつつ謎解き要素があって、引き込まれましたねー。オチも結構好きです。

海街diaryは、原作を読み込んでる分、どうしてもツッコミどころが多くて楽しめなかった。。

配役は思いの外ハマってたので良かったのですが、やっぱり脚本ですかね。

長い話を一本の作品として二時間程度に納める場合、エピソードの取捨選択ってとっても難しいところだとは思います。原作はまだ続いてますしね。

今回の映画は、原作の始まりからちゃんとなぞっていて、ほぼそのままの流れで一年分を淡々と描いているんですが、淡々とし過ぎて盛り上がりが何もないんですよ。

それに、この作品の最大の良さって、カタルシスを得られるところなんだけど、そこが全然表現しきれてなかったです。

好きなエピソードで、長女の同僚のアライさんの話があるんですが、そこもさらーっと流されててとっても残念。

アライさん自体は全く登場せず、所謂「できない人間」として、長女のイライラを誘う存在なんですが、アライさんなりの行動に意味があったり、長女には持ってない人間力を発揮したりして、ハタと感心させられるってところがあるんですね。

てもこれって、最初のイライラを誘う部分もキチンと描かないと効果が無いんだけど、映画では尺の問題か「できない人間」と思わせるシーンが少なくて、無くても良いシーンなんじゃないの?って思われそうな感じ。

実際、アライさんのエピソード自体は、一本の映画作品としてはガッツリ削っても良い部分なんですが、中途半端に入ってるんですよ。

そういったエピソードが盛りだくさんなので、描くなら描く、描かないなら割愛するってことをキチンとしてほしかったです。

|

« 2015夏アニメ初回感想その1 | トップページ | 2015夏アニメ初回感想その2+血界戦線 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1805277/60793574

この記事へのトラックバック一覧です: これからは映画鑑賞増えるかな:

« 2015夏アニメ初回感想その1 | トップページ | 2015夏アニメ初回感想その2+血界戦線 »