« ゆるい玉子料理以外で | トップページ | 夏バテしつつも趣味に全開 »

2015年7月27日 (月)

2015夏アニメ初回感想その3

◆ケイオスドラゴン 赤竜戦役
1話を観損ねてしまったのですが、あまり話が分からないながらも、面白そうだとは思いました。

とにかく声優陣がやたらと豪華。
話はちょっとどんより系?

赤竜の秘められた力を発揮するためには、対価が必要であるということで、親しい人達がどんどん死んでいく感じ。

◆GATE 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり
東京の街に突如として、異次元に繋がる門が出現。
亜人種を含めた軍隊が街を襲い、自衛隊がこれに応戦。

進軍を食い止めることはできたものの、未知の状況に対応する必要があるとの判断から、自衛隊が門の先にある世界を探索に行くことを、国会審議で正式に決議。

いざ門の向こうへ、というところまで。

主人公は、門が現れたときにたまたま現場にいた自衛官。
でも、仕事よりも趣味を優先させることを公言しているオタクな人なのでした。

つまり、話はそっち方向に行くと思われ。

◆六花の勇者
伝説の魔神が復活するとき、選ばれし6人の勇者が現れ、世界を守るとされているとのお話。

魔神復活の瞬間、勇者に選ばれた人間は、証である花の紋章が体のどこかに出てくるということで、1話は印を確認した二人の勇者が、約束の地へ旅立つところまで。

「里見八犬伝」ぽい?
主人公は、自称「地上最強の勇者」。
声は最近出演作がぐっと増えた斉藤壮馬さんですね。

DVDのCMや原作小説のCMで、既に一部ネタばらししてる設定として、本来6人が勇者として選ばれるはずが、約束の地に集結したのは7人だった、というちょっとしたミステリー要素があるようです。

「11人いる!」とかそんな感じ?
絵の雰囲気も結構好きですけど、このキャッチーな初期設定に惹かれたので、しばらく観てみようと思います。

|

« ゆるい玉子料理以外で | トップページ | 夏バテしつつも趣味に全開 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1805277/60904053

この記事へのトラックバック一覧です: 2015夏アニメ初回感想その3:

« ゆるい玉子料理以外で | トップページ | 夏バテしつつも趣味に全開 »