« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の記事

2017年1月 3日 (火)

あけまして、2016年秋の東京旅行記その12

正月休みは、寝てばかり。腰痛い。。
あっという間に終わってしまうなぁ。

今年は年賀状も出さずじまいです。
LINEとかでしかあいさつしてません。すみません。

せめて、ジョカゲのイベントレポ終わらせなきゃね。
今更ですが。

と言うことで、三好役の下野紘さん。

1482596247108

とてもがちゃがちゃした服装だった(笑)。

なんと言っても、三好は問題の11話「柩」です。
私は11話があったからBlu-rayBOX買う気になったんだと思います。

ちょっとおさらいしますと、ジョーカー・ゲームは、昭和12年に設立したスパイ組織「D機関」をベースにしたお話です。

養成期間にスポットを当てた数話以外は、それぞれのキャラクターが、それぞれの潜伏先でスパイ活動をするお話なので、8人のキャラがそれぞれに主役を張る回というのがあります。

打ち上げの時(?)に、それぞれの主役回の台本にサインを入れてくださいという話になり、12話かな?って下野さんは思ったそうなんです。

三好がたくさん喋ったのは、1話、2話、12話。
すべて養成期間のお話です。

しかし、彼がスパイ活動をしていた主役回は、11話なのです。
なのに11話の台本を渡されて、「???」と思ったってことは、知らされてなかったんですね。あの、衝撃の事実。

11話喋ってないのにサインするってどうなの?みたいな話をしていたら、監督が、タイトル前のD機関の説明部分は三好だからって(笑)。

そこ録ったの、1話の時じゃないですかーって愚痴ってました。
12話で妙に出番が多かったのは、罪滅ぼしだねってオチがつきました。

生アフレコのコーナーで、一番最後に波多野(梶さん)と結城中佐(賢雄さん)の掛け合いがあって、シベリア鉄道の事故の話をするんですが、一緒に訓練した連中は今頃どこでどうしているのかと思いをはせる一瞬が物悲しくて、ちょっとうるっときました。

ホントはこの後のクイズの話とかも書きたかったのですが、もう限界。

今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »