« タワレコ小倉も復活してくれよー | トップページ | USGのライブ行ってきたよ 2017 »

2017年12月 8日 (金)

鋼の錬金術師観てきたよ ※ネタバレあり?

はぁ。ユニゾンのライブ楽しかった。
それはまた後日。

時系列で、先日観た映画の話を。

Dsc_2086

「鋼の錬金術師」でーす。
初日に行ったので、入場者特典もらったよ。

映画の日でもありまして、とみぃさんと一緒に行ってきました。
彼女はディーン様が観たかったようです(笑)。

なお、最初にお断りしておきますと、私は原作漫画は読んでおりません。
アニメもほぼ観てません。ただ、なんとなくは知ってます。

そんな初心者枠の私の素直な感想を書いてみますね。

まず、画的なところでは、かなりロケーションにこだわってるなぁという印象。
ヨーロッパ調と言いますか。

ただその分、メインキャラも含めて和風な顔つきの人々のミスマッチ感は半端なかった。。

かつらだよね、それ。と指差したくなる衝動にかられます。
これこそハリウッドとかでやってくれればいいんじゃないのか、とな。

まあ、そこはあえて目をつぶるとして、1本の作品として評価するなら、決して悪くはないと思います。

なんでそんな言い方をするかというと、漫画原作はどうしても評価が悪くなりがちで、もし私が原作ファンならある種のフィルターがかかるであろうことは間違いないからです。

なので、その辺を牽制しつつの「悪くない」。

お話としては、もちろん人気作品なので、面白いのは間違いないのです。
2時間でどこまで、実写として面白さを表現できるかの戦いなわけですね。

CGのクオリティは、かなりレベルが高いと思います。
錬金術を使うところとか、ちゃんとそれっぽく見えて違和感無かったです。
アルの動きとか、滑らかで良かった。

ただ、全体的に光が当たりすぎというか、影をあえて入れない画作りしてる感じなので、物質の重さが感じられない気がしました。

なので、良く言えば「世代を選ばない」出来映え、悪く言えば「子供っぽい」仕上がり。

あとは、時間内に詰め込まなきゃいけないという制限もあってか、間の持たせ方が、テレビドラマっぽかったかなぁ。

映画の間というか、せっかくのロケーションを生かせるゆったりした繋ぎをした方が良かったんでは、と思いました。

役者陣は、結構ハマってたと思いますよ。
そこは原作をよく知らないからこそ、素直に演技を見れました。

ディーン・フジオカは、見た目からして原作と違うことはもうわかってるけど、カッコ良かったです。

個人的には、大泉洋の死に顔が良かった(笑)。

と言うことで、ガチ原作ファンじゃなければ、観に行っても結構楽しめると思います。

最後に、画的に寂しいので、最近の羊毛フェルト作品を。

Dsc_2037_20171204011225974Dsc_2038_20171204011249742

Mちゃんのリクエストで、アイナナから「きなこ」。

Dsc_2077_20171204011345935Dsc_2079_20171204011417312

同じく「プリン」。

Dsc_2094_2Dsc_2098_2

Dsc_2095_20171208033449141Dsc_2099_20171208033524479

それと、某パンダ。
星を抱えさせて、会社のツリーに勝手に飾っています。
マジで許可はとってない(笑)。

|

« タワレコ小倉も復活してくれよー | トップページ | USGのライブ行ってきたよ 2017 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1805277/72367980

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師観てきたよ ※ネタバレあり?:

« タワレコ小倉も復活してくれよー | トップページ | USGのライブ行ってきたよ 2017 »