映画・テレビ

2017年7月15日 (土)

銀魂の劇場版観てきたよ ※ちょいネタバレあり

前回、ちらりと書きましたが、東京に遊びに行ってきました。
それはまた、あらためてまとめようとは思っているのですが、家に帰って直後に色々ありまして、ただ今体力の限界。(これについてもいずれ。)

しかし、金曜はもともとシフト休みだったのと、むしろ今なら家を空けても大丈夫ってことで、Mちゃんと映画を観てきましたよ。

Dsc_1799公開したばかりの銀魂でーす。

ご存じの方はご存じかとは存じますが、週刊少年ジャンプに連載の、かなりふざけた漫画です。(←過言ではない。)

普段、漫画やアニメの実写版てよっぽどのことがないと観ないんですが、今回は別の映画を観に行ったときの予告編からすっごいはっちゃけてるのがわかって、これは観に行っても良いかもーと思っていたんです。

そしたら、Mちゃんは堂本剛くん目当てで行くと言うので、一緒に行ってきました。

私、漫画はほぼ見たことなくて、アニメをちょっと観たことある程度なので、先入観無く観られたのが良かったんでしょうか、めっちゃ面白かったです。

案外シリアスなやり取りもあるんですけど、各方面からお叱りを受けるのでは!?て思うほどに、おふざけが過ぎるので、三分の一くらいは笑いが堪えられない感じです。

あげたらキリが無いけれど、シャア専用ザクが出てきたりね。

出演陣も豪華で個性豊かで、みんな絶対楽しんで撮ってるでしょーって感じです。

Mちゃん曰く、「銀さんがカッコ良すぎる」そうです(笑)。
本来は、銀さんの周りのほうがイイ男が居る感じですもんね。

いやー、とにかく初見でも結構面白いと思いますよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

劇場版SAOについてまだまだ書くよ

ということで、更新しない間にもまだ行ってたんですねー。

前回(20170410)「流石に今週で最後」って書きましたけど、その後も来場者特典が追加されまして、コンプリート欲を押さえられなかったんですな。

Dsc_1718これは、公開9週目の大ヒット御礼の色紙。

アニメのキャラデザで作画監督の足立さんの絵柄です。

これ、写真では分かりませんが、残念なことに右下にガッツリ折れ痕がついてしまっています。

それがあまりにも悔しくて、その週の水曜日レディースデイにもう一度行きました(笑)。
未開封で保存しております。

その後、2週分はまた個人的に興味のないフィルムコマ、12週目がホントのラスト特典とのことで、内容の発表を待っていたら、福岡の劇場はその頃にすべて公開終了していることが判明。

九州内では唯一やってるのが長崎のみ、GW真っ只中ということで、ぷち遠出をするか本気で悩んだのですが、そこは諦めました。

何故ならば、横浜で仕事中の兄にお願いすることができたから。

Dsc_1721

足立さんの絵柄でキャストのサインが印字されたA4クリアファイルです。
超かわいい。行ってもらえて良かったー。

今度こそ映画鑑賞は終了ですね。
結果的に10回以上観たわけですが、最後まで飽きたって感覚は無かったです。

Blu-rayが出れば買いますが、ひとまず今回のまとめはあらためてやろうかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

とっても休みらしい休みと週末飲み

13日(木)は、コンビニバイト時代からのお友達、A達(とみぃ)さんとお出かけしてきましたよ。

とみぃさんはシフト休のお仕事で、なかなか普段から遊ぶことが出来ないので、今回は有休をとりました。

まずは門司の海辺にあるビュッフェのお店へ。

Dsc_1688Dsc_1686

ここは、お刺身やお寿司もあったりして、かなり豪華な内容です。

春っぽいメニューがたくさん。
鯛めしのご飯も美味しかった。

Dsc_1687

良いお天気でしたー。
たぶん、向こうに見えてるのは山口県、のはず。。

そのあとは、ちょっと時間が空いたので、急遽プラネタリウムを観に。

Dsc_1690

私が子供の頃からある、児童館の中の施設ですね。
途中のアニメ番組はかなり低年齢向けですが、最初の地元の風景に重ねた夜空の説明はなかなか良かったです。

そのあとは、元々の予定だった「君の名は。」を観賞。

Dsc_1703_20170415190419213_4

とみぃさんは2回目、私は4回目(笑)。

何ヵ月ぶりかで観ましたけど、やっぱり面白い。泣けた。
でも、いまだに劇場でやってるので、Blu-ray化はまだまだ先ですかね。

チャチャタウンの映画館で観ると、チケットの半券で観覧車が無料で乗れるんですが、そういうのずっと知らなくて、今回初めて乗ってみました。

Dsc_1696チャチャタウンは、にしてつバスの営業所が目の前にありまして、ものすごい台数が待機しております。

上から見ると壮観ですねー。

チャチャタウン、しょっちゅう映画観に行ってるので、これからはもっと利用しよう。そうしよう。

14日(金)は、仕事終わりに軽く飲み会。
今の部署の管理者層3名と、昨年退職したY國くんの4名で。

Y國くん、やりたい仕事があると言うことで、意を決して辞めたんですが、結局夢叶わず、今は地元の他の会社に入ったそうなんです。

でも、うちに帰ってきたいみたいです。
うーん、どうなるかな。他の部署ならすぐにでも入れそうだけども。

Dsc_1702

こちらは、飲み会の最後で食べたデザート。
そういや、居酒屋行ったのに、結局酒に手を出した人居なかった(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

今週の劇場版SAO

行って参りましたよ。8週目。

当初、土曜日に行くつもりで座席を確保してたんですが、劇場に着くのが遅れてしまって、30分前までの発券、支払いが間に合わなかったんですね。

でも、あらためて買えば良いやって思ったら、満席表示になってました。。

リバーウォークはもう一日一回しか上映してないし、小倉のコロナでやってた4DX版は先週で終了してしまっていたので、本当にこの一回を逃したら明日に回すしかないんですよ。

とうことで、即行翌日分の座席確保と支払いも完了させて、とぼとぼ帰ったのでした。

Dsc_1683

なので、今週は日曜日に観賞。

流石に今週で最後です。
何故なら入場者特典も今週までなので。

Dsc_1685今週はこれ。

劇中でも登場する本のデザインを使った、関係者による裏話座談会本ですね。

ファンは絶対手に入れたいアイテムってことで、この日曜も結局満席。

いよいよ公開終了間際で、比較的座席数の少ないシアターであることも影響しているのでしょうが、また確実に観損ねた人が居るのであろうことを思うと、ちょっと可哀想。。

せめて、仕事終わりで観に行けるように、もう少し時間を後ろにずらしてやれば良いのにって思っちゃいましたが、それはやっぱり公開直後の作品にまわされるのかな。

んで、実は先々週のabecさんの色紙、キリトくんをゲットした時に、お隣に座ってた男性が、またまた偶然お隣だったんですよ。

同じく、土曜は満席で断念したそうで、まさかまたお会いするとはねーって(笑)。

なんでも、2回目もエイジくんが当たっちゃったそうで、しかも翌週の女の子の色紙の時は仕事の影響で観に行けなかったそうです。
ご愁傷さまです。。

ここを偶然ご覧になることはなかなか無いと思いますが、エイジくんの色紙、定価で買い取っても良いですよ。

もしまた運命的にこのブログを見つけたらコメントください(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

「攻殼機動隊」観てきたよ ※ちょいネタバレあり

7日(金)は、ハリウッド版「GHOST IN THE SHELL」を観てきましたー。

Dsc_1682公開初日が金曜ということで、ユナイテッドシネマの会員は1000円で見られるので、ふっちーと仕事終わりに待ち合わせて行って参りました。

日本でアニメ版の映画が公開されたのは、もう20年くらい前になりますが、基本的に今回は、ほぼその当時の映像を再現した実写です。

オマージュというべきか、攻殼機動隊と言えばこれって思うシーンももちろん出てきます。

少佐がビルの屋上から落下しながら光学迷彩を使うところしかり、バトーさんの動物愛(笑)しかり、多脚戦車に乗っかって、ハッチをこじ開けるのに義体の筋肉をギシギシいわせるところしかり。

脚本的には、テレビシリーズの2ndGIGの要素が強い感じ。

とは言え、攻殼機動隊は、原作漫画、映画、テレビシリーズ、すべてそれぞれ世界観が少し異なっているので、ハリウッド版も別物と考えるのが一番ですね。

この映画は何年の設定だったかな。
電脳化、義体化は、比較的当たり前になってるようですが、国によって価値観が少し異なっている模様?

というか、舞台が日本かどうかが曖昧。
ビートたけし演じる荒巻課長(ん?部長?)は、一人ずっと日本語で喋りますが、他のメンバーは普通に英語で会話。

後半、ある役どころで登場する、桃井かおりさんは、明らかに日本人の役ですが、ずっと英語で喋ります。

ハリウッドの脚本だから、まあ仕方ない部分はありますが、公安9課が内務省直属で特権を持ってる組織であるって設定があるのか無いのか、一企業の社長(?)に良いように使われちゃってるのが、凄い違和感。

あと、荒巻が最後に直接、銃でとどめをさすところが、納得いかない。

原作にしても、アニメにしても、部下がヘマして対象を死なせてしまったら「死者は何も語らん。」って怒ってたのにー、て思っちゃいました。

あと、何故少佐の役をスカーレット・ヨハンソンがやるのかってところは、ひとつ映画の肝でもあったりするので、そこは伏せますが、全身義体として初めて成功した例ってことで、しかもその後公安9課に所属して1年後って設定なので、色々無理があったかなーと思います。

少佐が全身義体を違和感なく操れるのが、相性の問題だけにされてるんですよね。
「ゴースト・イン・ザ・シェル」をタイトルとする必要性のあるエピソード無いし。

所属して1年なのに、少佐って呼ばれてチームリーダーぽいポジションなのも謎。

と、なんだかツッコミばっかりしてしまいましたが、好きな作品だからこそというところで、お許しください。

1491664551341

最後に以前描いたイラストを少し修正。
終始、目線が険しくなっていた少佐の表情と、髪型をいじりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

女の子どっちも人気ですけどね

31日(金)は、うちの部署で飲み会。

本当はクライアントにお返しする業務として位置付けされていたので、2月くらいで解散するチームだったんですが、色々ありまして、逆に人を増やして継続する運びとなり、今回は新人さんを加えての歓迎会です。

写真を撮り損ねてしまった。。


さて、今週ももちろん行って参りましたよ。
劇場版SAO7週目でございます。

Dsc_1669

先週に引き続き、入場者特典はabecさんのミニ色紙、女の子二種類からランダムだったのですが、見事アスナさんゲットです。

先週キリトくんゲットできたので、絶対アスナ欲しかったんですよ。
もしユナちゃんの方だった場合、別日に行くのかってことを考えたら、4月1日(土)のファーストデーで安い日に2回行く方が、お得。

でも、リバーウォークのT-joy北九州は、もう1日1回しかやってません。

なので、ひとまず朝と夕2回やってるコロナの4DXに行ったら、初っぱな当たって1回で済んだので、ほっと一息(笑)。

Dsc_1677

もともと続き絵なので、揃って大満足。

さて、次回8週目で入場者特典も終了なので、どんなサプライズが来るか楽しみですね。

久々にラクガキのイラストをアップ。

1490282745309

ピクシブでは、かなり前にアップしたんですが、珍しく反応が良かったんですよ。

観た人は結構共感してもらえると思います(笑)。

もう4月ですね。
実は、我が家で大きな動きがありまして、兄がこの4月から横浜に単身赴任(?)をします。

なので、もう少し私も東京方面の旅行が増えるかな。
またその辺の話は近いうちに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

やっぱり原作の絵はおさえたい

劇場版SAOも公開から6週目となりました。

先週は行ってませんが、私も今回3月25日(土)の観賞で6回目でございます。

Dsc_1655やっと手元にあった前売券使えました。

これは、いよいよ公開間近になって、電撃文庫公式のショッピングサイトで販売された限定イラストです。

原作小説の絵師をされているabecさんですね。

今回の劇場版の前売券は、複数の種類が販売されまして、ほとんどが何かしらの特典が付いておりました。

私は、最初に発売されたアニメ版絵師さんの第一弾キービジュアルの絵柄で、ポスターが付いているものを買ってました。(20160730参照)

ポスターは貼る予定ないので、丸まったまま仕舞っております。

当時、あまり心動く特典がなくて、前売券はこの1枚だけと思っていたのですが、最後に出たabecさんの絵柄が可愛くて。。

特典はこちら。

Dsc_1659

同じイラストのアクリルポードと、原作者川原礫さんのメッセージカード。

ファンには需要が高いこのアイテム、何故か、劇場版公式サイトの前売券情報には載っておりません。

さて、前売券がまだあったからということもありますが、複数回観ている理由は、毎週入場者特典が変わっていくからです。

とは言え、先週の特典みたいな35mmフィルムコマは、もう要らないなーと思っていました。

当然ランダムなので、切り取られたところが、キャラクターですらないかもしれない、かなりの賭けだからです。

事実、Twitterなどで公開してる人の中には、もはや何が映っているか判別出来ないような場面の人も居ました。

しかし、今週は予告されていたabecさんのイラストが使われたミニ色紙ということで、ウキウキ行ってまいりました。

こちら。

Dsc_1665

ただ、今回もランダムで2種類の柄が存在します。

お隣に座った男性が、開いたとたんに「ハズレだ。。」と呟いたので、それってやっぱりもう一個のほうかなーと、つい目線を向けたら目があって、「あはははー。」と苦笑い。

「やっぱりキリト狙いですよねー。」っつって、映画始まるまでずっとお喋り(笑)。

どうしてもキリト欲しいそうで、日曜も観に来るっておっしゃってました。
当たると良いですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

SAOの4DX観てきたよ

3月14日(火)は、劇場版「ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」の、4DX版を観てきましたよ。

Dsc_1644

4DXの簡単な解説はこちら
http://www.4dx.korona.co.jp/sp/about.html

要するに、テーマパークにあるアトラクション的なノリで映画を観賞するんですね。

私は、4DX自体の観賞が、「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」「シン・ゴジラ」に続けて、やっと3回目です。

何と言っても、追加料金が高かったり、各種割引の対象外だったりで、よっぽどの事がないと選択肢としては外しちゃうんですよね。

もちろん今回は、SAOだからこその選択です。
というか、映画自体はこれで5回目の観賞(笑)。

土曜日の舞台挨拶がイレギュラーだったので、本来はこの観賞が4週目のつもりでした。

入場者特典は、舞台挨拶に引き続き色紙サイズのポートレート。
前回と違うイラストでひと安心(笑)。

Dsc_1649

今回は、キリト、ユナ、エイジで、劇場版としてはこれが一番記念品な顔ぶれ。

それと、4DXだけで配付のポストカード。
絵柄は、劇中のひとコマ、CMでも流れてました「オーディナル・スケール起動!」のところですね。

さて、4DXの観賞スタート。

今回の劇場版、7割は戦闘シーンなので、まあ動く動く。

しかも結構な衝撃度。
体が振られて、つい肘掛け掴んじゃったもん(笑)。

タンクがガードするとことか、ブルブル振動するのが臨場感ありましたし、首もとでプシュッと風が噴出されるのも効果的。

あらためて、めっちゃ4DX向きな作品だなと思いました。
特に、複数回の観賞のおかげで、静かなシーンでは眠けに襲われ出したので、入場者特典目当てに行くなら、とってもオススメ(笑)。高いけどね。

ただ、香りの演出は、今一つってところですかね。
たぶん、「甘い」カテゴリとして出してる香りが、ケーキが出てくるところや、アスナのお風呂のシーンで噴射されてるんですけど、同じ匂いぽい?

しかも、噴射するときのシューーーって音が丸聞こえで、「あー。出してる出してる。」て思っちゃうので、初見でないと、気が散るかも(;゜∇゜)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

SAOの舞台挨拶観てきたよ

3月11日(土)は、博多駅の駅ビルにありますTJoy博多で、「劇場版ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」の舞台挨拶付き上映を観てきましたよ。

Dsc_1616

現在上映中の作品のポスターが飾ってあるところ。
写真に納めたのは一部だけですが、すべてSAOのポスターにしてあって、なかなかに壮観でした。

舞台挨拶は2回あったんですが、私は15時の上映後の方をとりました。
上映前だと、一応ネタバレ注意ってことで、裏話が少なくなっちゃいますからね。

Dsc_1631舞台挨拶のみで配付の、ステッカーをいただきましたよ。

映画自体はもう、今回で4度目の鑑賞なので、流石に静かなシーンでは眠気に襲われましたが、代わりに戦闘シーンはかなり目で追えるようになりました。

それと、やっぱり先週の入場者特典の小説を読んだ後に観ると、また少し視点が変わったというか、うるうると来るポイントがありました。

さて、上映後の舞台挨拶スタートです。

アニプレックスの広報さん(?)が司会役を努めて、キリト役の松岡禎丞さんと、アニプレックスのプロデューサーさんが登壇です。

司会の方が居ると助かりますね。
松岡くん、昔に比べたら全然安心して見てられますけど、今でも着地点の見えない語りが始まるときがあるので、制御する人が必要です(笑)。

でもね、ひとつだけ気になったこと。
司会の広報さん、お二人を呼び込む前に「今日が初めての鑑賞だという方ー?」て聞くのは良いんですけど、それだけ聞いてお礼を言うのって、ちょっと失礼じゃない?

過去にまったく違う分野のイベントで同じようなことをした人が居て、カチンときたことあったんですけど、何度も観ている人にもお礼を言うべきですよ。

もともと、今回は戦略的に新規のお客さんを呼び込むことへの比重はあまり高くない感じじゃない?

さて、プロデューサーさんの登壇は、4日前に急に決まったそうで(;゜∇゜)

脚本については、原作者の川原さんと監督の足立さんを中心に話し合いを進めて、これで行きましょうとGOサインが出るまでに1年かかったんだそうです。

また、その後の作画作業など諸々の期間、何度も予定までに間に合わないかもとの声があがったそうで、「そうなったとしても、そこで責任とるのがプロデューサーの仕事ですから。」とさらりとおっしゃってました。

でも、何だかんだで時間的に余裕をもっての完成だったそうで、「他の作品に比べたら全然ご迷惑はかけてないと思いますよ。」との発言に、広報さんが少し慌ててました(笑)。

作品の最後の最後に入っているクレジットは、当初入ってなかったそうなんですが、監督の絵コンテには書き込まれていて「やられた。」と思ったそうで、これを書かれちゃったら、次に向けて動くしかないだろうと。

今回の大ヒットを受けて、本格的に始動してることを窺わせる発言でした。

司会の方からいくつか松岡くんに質問があったんですけど、福岡でARのゲームをやるなら?という話で、逆に「どこか良い感じの広い場所ありますかね?」と会場に呼びかけてました。

客席からは、ここの屋上との提案がありまして、VRなら良いけど、ARはこの高さヤバくない?って話に(笑)。

博多の駅ビルの屋上は、神社の出店風というかなんというか。
ドックランのスペースとかもあったりして、なかなかに面白いところですよ。

さて、話は今回から配付のポートレートの話になりました。

Dsc_1634これですね。

色紙サイズで、なんと全部で4種類からランダムに配られます。

私はキリト、アスナ、ユイちゃんの3人のイラスト。

思ったよりも、紙に厚みもあって、きちんとセロハンの袋にも入っていて、ファン想いな出来に感激。あー全種類欲しい。

ポートレートが出来上がったの、結構ギリギリだったそうで。
広報の人も「それ言っちゃいます?」って苦笑い。

で、皆さんどれが当たりました?ってことでみんなが掲げたところ、プロデューサーさんは「直葉が多いな。」松岡くんは「リズばっかりに見える。」と(笑)。

それは松岡くんがリズが好きなだけでしょーって突っ込まれてましたが、相変わらずリズが一番なんですね。

今回の劇場版でも、リズはホントに良いコだよねーって思う空気の読める役回りでしたもんね。

残り4週分また違う特典が用意されてるわけですが、どんなものだったら嬉しい?って話になって、「キリトとリズベットでタペストリーを。」と絶対無いもの言ってました。。

プロデューサーさんのお話では、abecさんのイラスト使ったものとか・・との話が出ていたので、こりゃまた行くしかないなーと思ったのでした。

まあ、良いんです。ファンにとってはお祭りなんですから。
そのために働いてるようなもんです。

最後に、松岡くんの挨拶で、普段あまり数字のことは言いたくないと思ってるけど、こうやって実際に動員数として目に見えると、それだけ支持していただけたとの自信に繋がることを実感したとのことでした。

そしてまた、アリシゼーション編もぜひやりたいとの意気込みを語ってました。

ちょうどその直後、各ゲームでアリシ編のキャラ、アリスとユージオが参戦することが発表されましたから、アニメ化もそう遠くなさそうですね。

アリスが茅野愛衣さん、ユージオが島﨑信長さんということで、松岡くんのために選出されたような理想的な配役で、もう今から楽しみ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

映画「ひるね姫」観てきたよ

9日(木)は、映画「ひるね姫」の試写会に行ってきましたー。

Dsc_1608

昨年、production I.Gのオフイシャルショップ「IGストア」で買い物した際、この作品の宣伝チラシが入ってたんです。

IGでお馴染みの、神山建治さんの監督作品ということで。

で、あらすじを読んでみて、「なんて間の悪い・・・」と思ってしまったんですね。

「夢」というキーワードでは、私もここでウキャウキャと書き込んだ某大ヒット映画が盛り上がってましたし、「オリンピック」というキーワードでは、会場見直しの問題で、盛り上がりに水を差してましたし。

公開のタイミングが違えば、かなり総評が違ってくる「時の運」に翻弄される作品になるだろうと思ったわけです。

もちろん、某作品とは方向性がまったく違いますし、オリンピックも単なる要素でしかないんですけどね。

Dsc_1611Dsc_1615

で、公開前ということもありまして、ネタバレはしませんが、観終わって一言。

「あと2年早く公開してたらもっと面白く観られたなぁ。」

以上です(笑)。

まあ、感想は人それぞれ。

あまり先入観は持たずに、トップクリエイターの作るアニメ作品を覗きに行くのも良いと思いますよ。

※Twitterではじっくり感想書くってつぶやきましたけど、やっぱり公開前にガッツリなネタバレはよろしくないかなと。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)