映画・テレビ

2017年12月20日 (水)

スターウォーズ ep8観てきたよ ※ネタバレあり

はいー。と言うことで、やっと観てまいりましたですよ。
スターウォーズ episode:8です。

Dsc_2165

週末は、もの作りに没頭してしまったこともあって行き出さず、公開から数日経ってしまいましたが、月曜の仕事終わりにレイトショー行ってきました。

ep7の時は、若干盛り上がりにかける展開だなぁという印象だったんですが、今回は盛り上げどころが多すぎて、まだ消化しきれてないのが正直なところ。

なので、今回はマジでもう一回見に行く予定。
出来ればIMAXか、4DXで観たいな。

さて、ネタバレですよ。
これから観る人は読まないで。

今回は非常に各キャラの掘り下げを丁寧にやっていた気がします。
思いの外、ちょっと恋愛要素もあったりなんかして。

ルークがやっと出てきたと思ったら、すっかり引きこもり野郎で、しかも一番の元凶なんじゃないの!?て立ち位置で、ep4でキラキラぴちぴちだったルークはもう居ないのねーと少しアンニュイな気持ちになりました。

でもマスターヨーダとほんの少しのやり取りが、ep5のコミカルな部分を彷彿とさせて、自然と顔が緩んじゃいますわ。

あと、パイロットとして登場しつつも前回見せ場はほんのちょびっとだったポーの人柄が掘り下げてあって、結構人間臭いキャラだなと思いました。
ミスリード役にされてるのはちと可愛そうだったけど。

今回は戦闘シーンも迫力があって良かったです。
何て言うんだろう?泥臭い感じ?
「悲しいけどこれ戦争なのよね。」的な。

後半の赤い塩の地質の星の戦闘シーンも、色のコントラストが凄く綺麗で画作りのこだわりを感じました。

今回は女性陣の活躍が多かった気もしますね。
一昔前だと、男ばかりで白人ばかりだった現場に、女性や多国籍な人種の進出が目覚ましいのです。

ep7からの三部作の主役が女性であることも然り。
各シーンに必ず、能力に長けた女性が出てきます。

比例して、男性陣の情けなさも目立った。。
おいしっかりしろーい!と思う男が次から次へと出てきて、ちょっとイラッとします(笑)。

一番胸が踊ったのは、あの二人が背中合わせで剣を振るうところですかね。
このまま共闘かと思いきや・・・と言うところに関しては、あともう一回でどう決着つけるのか、とても楽しみ。

ただ、どうしても1個だけ。
なぜレイアをあんな超人な復活のさせ方したのか。

あのまま宇宙の藻くずになる方が、脚本的には絶対面白かったと思うんですよ。

まあ、地球圏の話ではないし、地球人とは違う耐久性があるにしても、あれはないわー。

レイア最強説。。
んで、キャリー・フィッシャーさんはお亡くなりになったから、もう出せないのにどうするんでしょうね。

それ以外は、長年のスターウォーズファンの端くれとしては、とても面白かったと思います。

初心者は、可能な範囲で過去作品を観てから行くことをオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

オリエント急行殺人事件観てきたよ ※ネタバレあり?

先週、8日の金曜日は「オリエント急行殺人事件」を観てきましたー。

半券、撮る前に無くした(笑)。

Dsc_2125なので、家にある昔のDVDのジャケットを貼っときましょう。

そう、今回はリメイク版でございます。

アガサ・クリスティ作品の中でもかなり有名なお話だと思うんですが、ご存じでしょうか?

数年前には、三谷幸喜さんが日本を舞台にして、リメイクしてましたね。

観たことある人はお分かりでしょうが、この話はオチがすべてです。

で、そのオチを知ってる人は、それを踏まえて観てしまうわけですね。

そういう意味では、今回の作品は知ってる人向けに作られているという感じがしました。

逆に言うと、初見の人にはちょっとわかりづらいかも。
あえて、死体発見の場面は俯瞰で撮って、死体自体は映さなかったり。

あと、ポアロがポアロっぽく無かった(笑)。
もちろん、今回の役者さんの役作りもあるのでしょうが、少し若く設定してたのかな?

一途な想い人が居て感傷にふけるとか、怪しい人物を追いかけて大立ち回りしするとか、撃たれて怪我するとかのイメージじゃないんですよね。

でも、細かすぎるこだわりとか、甘いもの好きとか、立派なお髭とかは、より強調されてました。

画的には、CG部分がナチュラルで良かったですね。
一昔前の時代の景色や空気感が出ていて、違和感無く観られました。

ただ、総合的に評価すると、物足りなさは否めなかったです。

もうちょっと純粋に、ミステリ作品としての犯人は誰だ?感を出してほしかったな。いや、みんな知ってるんだろうけどもね。

新しいポアロ像としては、まだまだ掘り下げることが出来そうな感じではありますね。

さて、今週末はいよいよこれです。

Dsc_2119Dsc_2120

光か…。闇か…。

スターウォーズの新作。
なかなかこれも、ファン層の厳しい目が光りそうですけれども、頑張ってほしい。

そして、まだ私が元気な内に完結してほしい(笑)。

ちなみに今回の三部作のヒロイン、レイ役のデイジー・リドリーは、「オリエント急行殺人事件」でかなり出番の多い役を演じてますよ。

さらにちなみに、今回のepisode 8を撮影後に亡くなったレイア姫役のキャリー・フィッシャーは、まだ若かった頃、私の一番好きなポアロさん(ピーター・ユスティノフ)の「死海殺人事件」に出てましたなぁ。

ああ、年末ってやっぱりワクワクがいっぱいで困っちゃうなぁ。
主に経済面が。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

鋼の錬金術師観てきたよ ※ネタバレあり?

はぁ。ユニゾンのライブ楽しかった。
それはまた後日。

時系列で、先日観た映画の話を。

Dsc_2086

「鋼の錬金術師」でーす。
初日に行ったので、入場者特典もらったよ。

映画の日でもありまして、とみぃさんと一緒に行ってきました。
彼女はディーン様が観たかったようです(笑)。

なお、最初にお断りしておきますと、私は原作漫画は読んでおりません。
アニメもほぼ観てません。ただ、なんとなくは知ってます。

そんな初心者枠の私の素直な感想を書いてみますね。

まず、画的なところでは、かなりロケーションにこだわってるなぁという印象。
ヨーロッパ調と言いますか。

ただその分、メインキャラも含めて和風な顔つきの人々のミスマッチ感は半端なかった。。

かつらだよね、それ。と指差したくなる衝動にかられます。
これこそハリウッドとかでやってくれればいいんじゃないのか、とな。

まあ、そこはあえて目をつぶるとして、1本の作品として評価するなら、決して悪くはないと思います。

なんでそんな言い方をするかというと、漫画原作はどうしても評価が悪くなりがちで、もし私が原作ファンならある種のフィルターがかかるであろうことは間違いないからです。

なので、その辺を牽制しつつの「悪くない」。

お話としては、もちろん人気作品なので、面白いのは間違いないのです。
2時間でどこまで、実写として面白さを表現できるかの戦いなわけですね。

CGのクオリティは、かなりレベルが高いと思います。
錬金術を使うところとか、ちゃんとそれっぽく見えて違和感無かったです。
アルの動きとか、滑らかで良かった。

ただ、全体的に光が当たりすぎというか、影をあえて入れない画作りしてる感じなので、物質の重さが感じられない気がしました。

なので、良く言えば「世代を選ばない」出来映え、悪く言えば「子供っぽい」仕上がり。

あとは、時間内に詰め込まなきゃいけないという制限もあってか、間の持たせ方が、テレビドラマっぽかったかなぁ。

映画の間というか、せっかくのロケーションを生かせるゆったりした繋ぎをした方が良かったんでは、と思いました。

役者陣は、結構ハマってたと思いますよ。
そこは原作をよく知らないからこそ、素直に演技を見れました。

ディーン・フジオカは、見た目からして原作と違うことはもうわかってるけど、カッコ良かったです。

個人的には、大泉洋の死に顔が良かった(笑)。

と言うことで、ガチ原作ファンじゃなければ、観に行っても結構楽しめると思います。

最後に、画的に寂しいので、最近の羊毛フェルト作品を。

Dsc_2037_20171204011225974Dsc_2038_20171204011249742

Mちゃんのリクエストで、アイナナから「きなこ」。

Dsc_2077_20171204011345935Dsc_2079_20171204011417312

同じく「プリン」。

Dsc_2094_2Dsc_2098_2

Dsc_2095_20171208033449141Dsc_2099_20171208033524479

それと、某パンダ。
星を抱えさせて、会社のツリーに勝手に飾っています。
マジで許可はとってない(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

劇場版Fate観てきたよ

まず、前回書き損ねたものがひとつ。

Dsc_1860めっちゃローカルネタですが、FM福岡の朝の情報番組「MORNING JAM」にメール投稿しましたら、「MORNING 苺 JAM」をいただきました。

これ、番組中に採用されても採用されなくても抽選で毎日5名にプレゼントと言うことなので、単純にビギナーズラックなのかなと思いますが、突然のいただきものにウキウキしたのでした。

ずっと、モーニングイチゴジャムってどんなのが貰えるんだろう?って思ってたんですが、思いの外大きくてビックリです。

手作りジャム、とっても美味しかった。
DJのお二人のサインが入ったタイムテーブル?も同封されてましたよ。

さて、タイトルのお話。

Dsc_1911

水曜レディースデーに、公開したばかりの「Fate/stay night [Heaven's Feel] 第一章」を観てきましたよ。

Fateと言えば、結構テレビでもゲームアプリのCMとかで、耳にする方も多いのではないかと思います。

元々は、PC用のビジュアルノベルとして販売されたタイトルですね。
私の世代で例えて言うと、スーファミの「かまいたちの夜」とかと同じかな。

なんと、大元のゲームの「Fate」は18禁の扱いなのだそうです。
と言うことで、女の子の攻略ものとも言えるわけですね(;゜∇゜)

そのため、本筋である「聖杯戦争」を軸に攻略ルートが、女の子三人分大きなストーリーとして作られており、過去「セイバー」と「遠坂凛」のルートはテレビアニメ化、アニメ映画化されています。

今回の劇場版は、第三のヒロイン「間桐桜」のルートのお話です。

と、前置きをしておかないと、よくわからない作品になっています(笑)。

本来はこの桜ちゃんが本当のヒロインということのようですが、過去作品ですでにお話は出来上がっているし(もちろん結末は異なります)、最初に攻略(アニメ化)された「強いヒロイン」の二人がインパクト強いので、あまりウケは良くないかも。

また、今回の作品は別ルートを踏まえた作りとなっているので、聖杯戦争が始まる日の一年半前から始まったかと思えば、肝心の聖杯戦争のきっかけの日はザクッと省略されているのです。

なので、初見の人はなんのこっちゃか分からないと思います。。
もう、元のゲームファン向けという感じですね。

私も過去作品すべてを観てるわけではないので、初心者のつもりで観たんですけど、せめて最初の部分は省略しないで欲しかった。
一本の作品としては、不出来と言わざるを得ません。

しかも今回は「第一章」なので、まったくお話が途中。
最後まで桜ちゃんをヒロインと思えるシーンが無かった。。

せめて、桜ちゃんの「ある秘密」までは明かしてから続くってしても良かったのでは!?

ただ、戦闘シーンは圧倒的にカッコ良かったです。
ランサーめちゃ男前だった。でも、アーチャーは、ほぼ出番なし(笑)。
他も大御所の声優さん達が、ちょいとずつしか出ないという贅沢な使い方でした。

あと、Fateシリーズではお馴染みのAimerさんの主題歌が、桜ちゃんの心情を歌っていてとても出来が良いのに、生かせてなかった。。

劇中歌にしてくれよー。でもストーリー的には第二章向け?
うーん。エンドロールだけって、もったいないよ。

と言うことで、言いたい放題の感想でした。
次回はホントに最近買ったもの色々で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?観たよ ※ネタバレあり

はい。観ました。やっと。
90年代のビーイング並にタイトル長いな(笑)。

Dsc_1856だから、チケットも名前が省略してあるという、この切なさ。。

最初に前置きしておきますね。
今回、ネタバレもしつつ結構辛辣な意見になりますので、ご了承ください。

この作品、かなり昔に実写でやったんですよね。
岩井俊二さんの作品が、たくさん映像化された時代のやつですね。
私は実写版は観てないんですけど、タイトルは印象に残ってました。

で、公開してから少し経ちますし、素直に書いてしまいますと、個人的には楽しめませんでした。

まず、作画が残念。
なんだろう。せっかくの大画面なのに・・というレベルだと思いました。

昨年大ヒットしたアレと比べるのは酷と言うものですが、この前Blu-rayが出たので早速購入して、作画監督が原画の「直し」をする作業を観たばかりだったので、あまりの違いにグッタリしてしまいました。(これについては、またそのうちに。)

所謂モーションキャプチャを利用したCGをところどころで使ってるんですけど、使いどころの境目がハッキリわかるので、物凄い違和感。

いっそ「亜人」みたいにフルCGなら、段々慣れてくるんですけどねぇ。

CMとかで使われてるのは、ごくごく出来の良いところ。
キャラクター設定にしても、衣装設定にしても、今時の学園アニメのテイストが入っているせいで、変に気が散ってしまいました。

一番ダメだと思ったのは、制服の設定。あれは無い。
どこのお金持ち学園だよと、思ってしまうデザイナーズな校舎とか。

なので、冒頭の段階で物語に入れない拒絶感を伴っての観賞になってしまって、早く進め早く進めと思ってしまいました。

次に声。
最近は声優が本業でないヒトでも割りとハマってたりしますけど、この作品は完全に時間足らずの演出足らずという印象です。

カラオケのどっかの機種にある声当てコンテンツで、失敗したテイクみたいな出来のところもあった。全員とは言わんけど。

そして、脚本。
やりたいことはわかるんだけど、着地点がぐずぐずになってて、納得する部分て何も無かったんですよね。

男の人の真夏の妄想を見せられた感じでした。
私の解釈としては、時を戻す(的演出の)前の、一番最初にある何とも救われない流れだけが、唯一本来の現実世界なんだと思うんです。

ヒロインは、結局自分を連れ出してさえくれれば誰でも良くて、主人公とは違う男に声をかける。声をかけられた主人公の親友は、主人公に同情してわざとヒロインから逃げてしまい、主人公は激怒する。

後は、主人公がこのつまらない結末を受け入れられず、自分の都合にあった妄想を脳内で良いところまで巻き戻しては繰り返してるんだと。

SF要素の部分は答えなんて出るはずがないし、ラストの「後はご想像にお任せします」的なモヤモヤした締め方で、そこがうやむやにされた気がする。

せめてそこをハッキリ男の妄想でしたと突きつけてくれたほうが、もう一度頭から観てみたくなったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

怪盗グルーの続編観てきたよ ※ネタバレあり

もう旅行記を中断(笑)。

最近の映画鑑賞について。
まず、また「銀魂」観ました。

Dsc_1812

コンビニバイト時代からのお友達、とみぃさんと。

とみぃさん、もともと結構アニメ観てたそうで、相違点とかがよくわかってたみたいですけど、それも踏まえてめちゃ楽しんでました。

Dsc_1828私も、パンフは買ってないのに、特集本買っちゃった。

撮影日誌みたいな感じで、ストーリーの流れとは関係なく撮影した順番に、その時の裏話とかも載ってます。

個人的には、シャアが載って無かったのが残念。
ナウシカは載ってたのに(笑)。

Dsc_1822

さて、タイトルにも書きました「怪盗グルーのミニオン大脱走」は、Hちゃんと行ってきましたよ。

最近テレビでも過去作品をバンバン放送してましたね。

今やUSJにも専用エリアを持つほどに人気が高くなった、ミニオンズが目当てで観る人がほとんど、と言っても過言ではないでしょう。

Hちゃんも、甥っ子ちゃん達共々すっかりハマっちゃってて、マックのハッピーセットとか、グッズが気になって仕方ない様子。

Dsc_1829Dsc_1825

シネコンの側にあるゲームセンターにも、ミニオングッズが盛りだくさん。

難易度の高いやつに挑戦する勇気が無いまま、比較的取りやすそうだったクレーンでゲットしました。

かわいい。。
でっかいのも欲しかった。

そうそう、映画の感想ですね(笑)。
今回は、すっかりドロボウ家業から足を洗ったグルーが、捜査官として所属した組織からも解雇されてしまうという何とも切ない展開。

上司が変わることで、評価も変わるという恐ろしさは、子供達にはわからない話だろうなぁ。。

今回の敵は、ドラマの子役時代にもてはやされた男が、子役とは言えない年頃になった途端に干されて、ハリウッドを憎悪しているという、これまたありそうな話。。

突然グルーに生き別れの双子の弟が登場したりして、その必要性がよく分からなかったんですが、ラストまで観ると今後の布石って感じですね。

そんなわけで、ミニオンは思いの外出番が少ないです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

銀魂の劇場版観てきたよ ※ちょいネタバレあり

前回、ちらりと書きましたが、東京に遊びに行ってきました。
それはまた、あらためてまとめようとは思っているのですが、家に帰って直後に色々ありまして、ただ今体力の限界。(これについてもいずれ。)

しかし、金曜はもともとシフト休みだったのと、むしろ今なら家を空けても大丈夫ってことで、Mちゃんと映画を観てきましたよ。

Dsc_1799公開したばかりの銀魂でーす。

ご存じの方はご存じかとは存じますが、週刊少年ジャンプに連載の、かなりふざけた漫画です。(←過言ではない。)

普段、漫画やアニメの実写版てよっぽどのことがないと観ないんですが、今回は別の映画を観に行ったときの予告編からすっごいはっちゃけてるのがわかって、これは観に行っても良いかもーと思っていたんです。

そしたら、Mちゃんは堂本剛くん目当てで行くと言うので、一緒に行ってきました。

私、漫画はほぼ見たことなくて、アニメをちょっと観たことある程度なので、先入観無く観られたのが良かったんでしょうか、めっちゃ面白かったです。

案外シリアスなやり取りもあるんですけど、各方面からお叱りを受けるのでは!?て思うほどに、おふざけが過ぎるので、三分の一くらいは笑いが堪えられない感じです。

あげたらキリが無いけれど、シャア専用ザクが出てきたりね。

出演陣も豪華で個性豊かで、みんな絶対楽しんで撮ってるでしょーって感じです。

Mちゃん曰く、「銀さんがカッコ良すぎる」そうです(笑)。
本来は、銀さんの周りのほうがイイ男が居る感じですもんね。

いやー、とにかく初見でも結構面白いと思いますよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

劇場版SAOについてまだまだ書くよ

ということで、更新しない間にもまだ行ってたんですねー。

前回(20170410)「流石に今週で最後」って書きましたけど、その後も来場者特典が追加されまして、コンプリート欲を押さえられなかったんですな。

Dsc_1718これは、公開9週目の大ヒット御礼の色紙。

アニメのキャラデザで作画監督の足立さんの絵柄です。

これ、写真では分かりませんが、残念なことに右下にガッツリ折れ痕がついてしまっています。

それがあまりにも悔しくて、その週の水曜日レディースデイにもう一度行きました(笑)。
未開封で保存しております。

その後、2週分はまた個人的に興味のないフィルムコマ、12週目がホントのラスト特典とのことで、内容の発表を待っていたら、福岡の劇場はその頃にすべて公開終了していることが判明。

九州内では唯一やってるのが長崎のみ、GW真っ只中ということで、ぷち遠出をするか本気で悩んだのですが、そこは諦めました。

何故ならば、横浜で仕事中の兄にお願いすることができたから。

Dsc_1721

足立さんの絵柄でキャストのサインが印字されたA4クリアファイルです。
超かわいい。行ってもらえて良かったー。

今度こそ映画鑑賞は終了ですね。
結果的に10回以上観たわけですが、最後まで飽きたって感覚は無かったです。

Blu-rayが出れば買いますが、ひとまず今回のまとめはあらためてやろうかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

とっても休みらしい休みと週末飲み

13日(木)は、コンビニバイト時代からのお友達、A達(とみぃ)さんとお出かけしてきましたよ。

とみぃさんはシフト休のお仕事で、なかなか普段から遊ぶことが出来ないので、今回は有休をとりました。

まずは門司の海辺にあるビュッフェのお店へ。

Dsc_1688Dsc_1686

ここは、お刺身やお寿司もあったりして、かなり豪華な内容です。

春っぽいメニューがたくさん。
鯛めしのご飯も美味しかった。

Dsc_1687

良いお天気でしたー。
たぶん、向こうに見えてるのは山口県、のはず。。

そのあとは、ちょっと時間が空いたので、急遽プラネタリウムを観に。

Dsc_1690

私が子供の頃からある、児童館の中の施設ですね。
途中のアニメ番組はかなり低年齢向けですが、最初の地元の風景に重ねた夜空の説明はなかなか良かったです。

そのあとは、元々の予定だった「君の名は。」を観賞。

Dsc_1703_20170415190419213_4

とみぃさんは2回目、私は4回目(笑)。

何ヵ月ぶりかで観ましたけど、やっぱり面白い。泣けた。
でも、いまだに劇場でやってるので、Blu-ray化はまだまだ先ですかね。

チャチャタウンの映画館で観ると、チケットの半券で観覧車が無料で乗れるんですが、そういうのずっと知らなくて、今回初めて乗ってみました。

Dsc_1696チャチャタウンは、にしてつバスの営業所が目の前にありまして、ものすごい台数が待機しております。

上から見ると壮観ですねー。

チャチャタウン、しょっちゅう映画観に行ってるので、これからはもっと利用しよう。そうしよう。

14日(金)は、仕事終わりに軽く飲み会。
今の部署の管理者層3名と、昨年退職したY國くんの4名で。

Y國くん、やりたい仕事があると言うことで、意を決して辞めたんですが、結局夢叶わず、今は地元の他の会社に入ったそうなんです。

でも、うちに帰ってきたいみたいです。
うーん、どうなるかな。他の部署ならすぐにでも入れそうだけども。

Dsc_1702

こちらは、飲み会の最後で食べたデザート。
そういや、居酒屋行ったのに、結局酒に手を出した人居なかった(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

今週の劇場版SAO

行って参りましたよ。8週目。

当初、土曜日に行くつもりで座席を確保してたんですが、劇場に着くのが遅れてしまって、30分前までの発券、支払いが間に合わなかったんですね。

でも、あらためて買えば良いやって思ったら、満席表示になってました。。

リバーウォークはもう一日一回しか上映してないし、小倉のコロナでやってた4DX版は先週で終了してしまっていたので、本当にこの一回を逃したら明日に回すしかないんですよ。

とうことで、即行翌日分の座席確保と支払いも完了させて、とぼとぼ帰ったのでした。

Dsc_1683

なので、今週は日曜日に観賞。

流石に今週で最後です。
何故なら入場者特典も今週までなので。

Dsc_1685今週はこれ。

劇中でも登場する本のデザインを使った、関係者による裏話座談会本ですね。

ファンは絶対手に入れたいアイテムってことで、この日曜も結局満席。

いよいよ公開終了間際で、比較的座席数の少ないシアターであることも影響しているのでしょうが、また確実に観損ねた人が居るのであろうことを思うと、ちょっと可哀想。。

せめて、仕事終わりで観に行けるように、もう少し時間を後ろにずらしてやれば良いのにって思っちゃいましたが、それはやっぱり公開直後の作品にまわされるのかな。

んで、実は先々週のabecさんの色紙、キリトくんをゲットした時に、お隣に座ってた男性が、またまた偶然お隣だったんですよ。

同じく、土曜は満席で断念したそうで、まさかまたお会いするとはねーって(笑)。

なんでも、2回目もエイジくんが当たっちゃったそうで、しかも翌週の女の子の色紙の時は仕事の影響で観に行けなかったそうです。
ご愁傷さまです。。

ここを偶然ご覧になることはなかなか無いと思いますが、エイジくんの色紙、定価で買い取っても良いですよ。

もしまた運命的にこのブログを見つけたらコメントください(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)